B2BマーケターがどのようにAIに適応し、将来に備えているのか、当社の「AIの現状」レポートでご覧ください。すぐ読む

ブログホームへ戻る

聴衆に最適なウェビナー形式の選択ガイド

2023年12月7日 マイケル・メーデー

ウェビナーは、聴衆とつながり、ビジネスの成果を促進する便利な方法です。実際 コンテンツマーケティング研究所によると、マーケティング担当者の47%が、2022年にウェビナーが最高のマーケティング結果をもたらしたと回答しています。

ウェビナーの成功は多くの要因によって決まりますが、ウェビナーの形式は最も重要な要素のひとつです。視聴者層にはそれぞれ独自のニーズや好みがあります。選択したウェビナーの形式は、どれだけ多くの聴衆を集められるか、どれだけ参加者を惹きつけられるか、ウェビナーの目的を達成するためにどれだけインパクトのあるものになるかに影響します。

エンゲージメントを高める優れたウェビナー・コンテンツを作成するための10のヒント

このガイドでは、ウェビナーの適切な形式を決定するのに役立つよう、さまざまな形式からウェビナーの成功度を測定する方法まで、ウェビナーの選び方をご紹介します。

ウェビナーの必要性の判断

ノートパソコンを見る女性

ウェビナーは、多様なマーケティング目標を実現するための多用途で強力なツールです。しかし、柔軟性があるからといって、計画なしにウェビナーを構築できるわけではありません。 ウェビナーを作成する前にウェビナーを最大限に活用するためには、ウェビナーを作成する前に何を達成しようとしているのかを決める必要があります。

ウェビナーを開催する目的は、以下のように多岐にわたります:

しかし、どのような目的であれ、聴衆に真の価値を提供するウェビナーの設計が不可欠であることに変わりはありません。 

あなたのコンテンツに適したウェビナー形式は?

ウェビナーの多用途性は、多様なマーケティング目的に適応する能力だけに当てはまるものではありません。ウェビナーは、提供したいコンテンツにも柔軟に対応できます。

ウェビナーに適したコンテンツの種類には、ニッチなトピックに関する議論、ソート・リーダーシップ、製品デモ、顧客事例、調査報告、トレーニングや認定などがあります。提供したいコンテンツの種類を理解することで、視聴者と適切なウェビナー形式をより効果的にマッチさせることができます。 

さまざまなウェビナー形式を理解する

ノートパソコンで仕事をする笑顔の男性。

目的を念頭に置き、その情報をどのように提示するかを決めます。ここでは、一般的なウェビナーの形式をいくつかご紹介します:

    • 一人のプレゼンター: 一人の講演者がウェビナーをリードし、専門知識を集中的に提供します。この形式はコミュニケーションを効率化しますが、提供される視点の数が制限される場合があります。
    • マルチプレゼンター: この形式では、複数のプレゼンターが1つのトピックまたは関連するトピックについてユニークなプレゼンテーションを行います。多くの場合、発表者全員が聴衆とのグループ討論や質疑応答に参加する。
    • パネルディスカッション: 複数の専門家やパネリストが、ダイナミックに、あるいは台本に沿ってディスカッションを行い、多様な視点を提供する。この形式では、適切な効果を上げるために司会者が必要です。
    • 視聴者フォーラム: このウェビナー形式では、ビデオや音声を通じて、司会者によるグループ討論に参加することができます。多くの場合、Q&A形式で行われるこの形式は、聴衆の直接的な参加を促し、聴衆の具体的な質問に確実に応えます。
    • 実践的なワークショップ:参加者は、実践的なスキルや見識を得るために、主催者が主導する実践的なセッションに参加するこれは双方向の学習を促すが、技術的な困難を避けるために計画を立てる必要がある。
    • 製品のデモンストレーション: この形式では、製品やサービスが実際に動いている様子を紹介し、聴衆がその機能を実際に理解できるようにします。しかし、聴衆全員の興味に応えられない可能性があり、完璧な技術的プランニングが必要です。
    • トレーニングと認定: 多くの専門サービス機関や医療機関は、ウェビナーを利用して大規模なトレーニングや資格認定を行っています。トレーニングや認定資格のウェビナーを利用すれば、専門家に必要な継続教育単位を取得させることができます。

ウェビナーの形式は、それぞれ異なる目的に最適です。例えば、ブランド認知度を高めるには、その分野で流行しているトピックを取り上げたパネルディスカッションが最適かもしれませんし、リードを顧客に変えるには、製品のデモンストレーションが適しているかもしれません。

ウェビナーの "プログラミング "作成

ノートパソコンを見る男性。

適切なウェビナーの形式を適切な聴衆にマッチさせたら、次は、ウェビナーをより親しみやすく、楽しいものにするためのプログラミング・スタイルを選びます。今日のウェビナーは、昔のようなパワーポイントを使ったしゃべるプレゼンテーションではなく、テレビの視聴体験に近いものとなっています。ベストプラクティスのコンテンツをニュース形式で配信したり、パネルディスカッションの形式をトークショーのようにしたり、顧客向けの事例 、非公式のインタビュー形式にしたり。可能性は無限だ。 

多くの企業は、長期的な視聴者を構築するために、確立されたフォーマット、スタイル、司会者、進行順序を持つ連載番組を作成する。このような連続番組は、企業のサブブランドとなり、ブランドとの親和性を高め、その分野におけるソートリーダーシップを構築する絶好の機会となる。 

エンゲージメントを高める優れたウェビナー・コンテンツを作成するための10のヒント

ウェビナーのベストプラクティス・チェックリスト 

最適なフォーマットを選択することは、マーケティング目標の達成に役立つウェビナーを設定するための全体的なプロセスの一部に過ぎません。ここでは ウェビナーのベストプラクティスをご覧ください。ウェビナーを成功させるために、ぜひご活用ください:

    • 目的を設定する: ウェビナーの目的を明確かつ具体的に定めること。言い換えれば、ウェビナーを開催することで何を達成したいのかを決めることです。例えば、情報提供やリードの獲得などです。
    • コンテンツの焦点を選びます: ウェビナー・コンテンツで取り上げる主なテーマやトピックを決め、聴衆の関心に沿い、目的に貢献できるようにします。
    • 形式を決める: ウェビナーの目的や内容に基づいて、最適な形式を選びます。ここでの適切な判断の鍵は、聴衆のニーズと関心に焦点を当てることです。ハイレベルなベストプラクティスを紹介するのであれば、プレゼンターが1人の形式が最適でしょう。あるプロセスを段階的にウォークスルーするような内容であれば、実践的なワークショップの方が良いかもしれません。
    • 講演者/参加者を選ぶ: 重点トピックに詳しい講演者や参加者を慎重に選びます。ウェビナーの内容に関連した多様な視点を提供できる講演者を優先的に選びましょう。
    • 魅力的なコンテンツを作成する: ウェビナー・コンテンツ(一連のスライド、総合的な台本、ミックスメディア・プレゼンテーションなど)は、魅力的なものにすることに重点を置いて作成します。その際、必要に応じて聴衆が参加できるセクションを設けたり、まとまりのある物語を作るためにストーリーテリングをどのように応用できるかを考えたりすることも大切です。
    • プラットフォームを選びます: ウェビナーの開催方法を決定し、信頼性が高く、利用可能な機能が洗練されているオプションを選択します。専用の ウェビナー・ホスティング・プラットフォームON24のようなウェビナー専用ホスティング・プラットフォームは、視聴者分析やコンバージョン・ツールなどの付加価値機能とともに、プロフェッショナルな体験を提供し、多くの場合、最良の選択となります。
    • テストを行う: ウェビナー開始前に技術的なリハーサルを行い、ホスティング・プラットフォームをテストし、タイミングを確認し、潜在的な技術的問題を把握します。こうすることで、ウェビナーをスムーズに進行することができます。

ウェビナーの宣伝とマーケティング

ラップトップに手を振る女性

もちろん、ウェビナーの開設はプロセスの始まりにすぎません。ウェビナーを成功させるには、聴衆を集める必要があります。そのためには、ウェビナーを売り込む必要があります。

視聴者を増やし、ウェビナーへの登録を促すために、あらゆるマーケティング・チャンネルを利用することができますが、特に価値のある方法がいくつかあります。ソーシャルメディアとEメール・マーケティングは、それぞれ異なる理由から、最も可能性の高い2つの方法です。 

Eメールマーケティングを通じて、既存のオーディエンスやデータベースを巻き込むことができます。彼らの多くはすでにあなたのブランドを知っているので、あなたのコンテンツに興味を持つ可能性が高く、参加する可能性が高まります。

ソーシャルメディアには、少し違ったチャンスがあります。FacebookやLinkedInのようなプラットフォームで提供されているクリック課金型広告では、人口統計的な詳細、興味、職種などに基づいて、明確に定義されたターゲットオーディエンスを作成することができます。つまり、理想的なオーディエンスだけをターゲットに広告キャンペーンを最適化することができ、予算を効率的に使うことが容易になります。

SEOや他の企業との提携など、その他のチャネルも、開催予定のウェビナーやオンデマンドのウェビナーについての認知度を高めるのに役立ちます。最良の結果を得るには、複数のチャンネルを駆使して、最大限の効果を上げましょう。 

観客を魅了するヒントとコツ

優れたコンテンツを完璧な形式で提供し、適切なスピーカーを起用するなど、ウェビナーの条件をすべて満たしたとしても、イベントを通じて聴衆を惹きつけることを検討する必要があります。

ウェビナーは他のマーケティング・コンテンツよりも時間がかかるため、聴衆の関心を引き続けることが重要になります。 

ウェビナーで使用する主な形式にかかわらず、機転を利かせた投票を行うことで、聴衆の注意を引きつけることができます。Q&A、クイズ、アンケート、ゲーミフィケーション、さらには分科会では、メインのコンテンツから離れ、特定の聴衆に直接参加する機会を与えることができます。

エンゲージメントの機会は、コンテンツのセクションを振り返り、オーディエンスが学んだことを再確認するのに最適な方法であることを忘れないでください。

エンゲージメントを高める優れたウェビナー・コンテンツを作成するための10のヒント

ウェビナー後の活動とフォローアップ

ノートパソコンに向かって話す女性

ウェビナー・マーケティングのファネルは、ウェビナーが終了しても終わりません。目的を達成するために、ウェビナー終了後の活動をたくさん計画することができます。その内容は、最初に設定した目的によって異なりますが、次のようなものがあります:

    • ウェビナーの録画配信/ホスティング: ウェビナーの開催日以降も視聴できるようにすれば、ウェビナー作成に費やした労力からさらに価値を引き出すことができます。自社のウェブサイトやビデオストリーミング・プラットフォームでウェビナーをホスティングし、参加者に配信することで実現できます。
    • 視聴者からのフィードバックを集める: ウェビナー終了後にアンケートやフォーカス・グループを実施することで、ウェビナーに関する定量的・定性的なフィードバックを得ることができます。さらにウェビナーを開催する予定がある場合は、このようなフィードバックは非常に貴重なものとなります。
    • 視聴者データとエンゲージメント指標の分析 ON24のようなウェビナー専用ホスティング・プラットフォームには分析機能が組み込まれており、ウェビナーのパフォーマンスを定量的に把握することができます。この分析機能を利用すれば、視聴者の詳細を調べたり、平均視聴時間を確認したり、エンゲージメント指標をチェックしたりすることができます。
    • 温まったリードの育成: ウェビナーがリードの獲得や育成を目的としたものだった場合、ウェビナー直後は、最も温まったリードをフォローアップし、製品のデモを行うなどして、購買につながるような行動を取れるかどうかを確認する絶好の機会となります。

ウェビナーの成功を測定する

ノートパソコンを見る人々

ウェビナー・プロセスの最終段階は、その成果を測定することです。こうすることで、成功した部分と改善の余地がある部分を把握することができます。その情報があれば、次回のウェビナーをさらに良いものにすることができます。 

ウェビナーの成功の主な指標は、イベント全体の目的によって異なります。例えば、コンバージョンを促進することを目的とした場合、ウェビナーから直接予約された会議の数で、ウェビナーの成果を知ることができます。 

しかし、選択したウェビナー・ホスティング・プラットフォーム独自の分析機能を使えば、データをより深く掘り下げることができます。質問数、アンケートの回答数、ダウンロード数、CTAのクリック数、全体的なエンゲージメント率など、ファーストパーティーの指標を利用すれば、ウェビナーのパフォーマンスについて有益な洞察を得ることができます。

ウェビナー ウェビナー・ホスティング・プラットフォームのような ON24のようなウェビナー・ホスティング・プラットフォームを使用すると、CSM や MAP との統合により、出席者や参加者のデータを営業部隊や幅広いマーケティング組織にシームレスに直接送信できます。これにより、より効果的なセールスが可能になり、各アカウントに貴社ブランドとのユニークでパーソナライズされた体験を提供することができます。

ウェビナーを最大限に活用する

適切なウェビナー・フォーマットを選ぶことは、ウェビナー作成プロセスのほんの一部にすぎませんが、ウェビナーの成功には欠かせません。目的と内容に合った適切な形式を選べば、優れた成果を上げる道が開けます。 

以上のガイドでウェビナーの作り方を学んだあなたは、多くの聴衆を集め、聴衆に徹底的に参加してもらい、KPIを実現するための準備は万端です。

エンゲージメントを高める優れたウェビナー・コンテンツを作成するための10のヒント