The ON24 Experienceで、AI時代に成功するための新しい戦略とベストプラクティスをご覧ください。今すぐ登録

現代奴隷法

1.はじめに

ON24, Inc. (ON24) では、奴隷制と人身売買と闘い、当社の事業とサプライチェーンに同様のものがないことを保証するために、業務改善に取り組んでいます。

2.組織構造

ON24はON24グループ(グループ)の親会社です。当社はウェブキャスティングとバーチャルイベントソリューションのグローバルリーダーです。当社は、企業が世界規模で顧客や見込み客と交流し、エンゲージできるプラットフォーム、ソフトウェア、リソースを提供しています。ライブ・オンライン・イベントの開催、パーソナライズされたウェビナーの開発、オンデマンドでアクセスできるレポート、ビデオ、ブログの作成など、さまざまな媒体を通じてデータ豊富なデジタル体験を提供しています。私たちのテクノロジーは、リアルタイムで視聴者のインタラクションを捉え、分析し、それをクライアントにフィードバックすることで、キャンペーンの効果を測定し、営業アプローチを適応させることを可能にします。

ON24は米国サンフランシスコに本社を置いています。北米、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア太平洋地域、そして日本という幅広い国際的な事業展開を行っています。米国ノースカロライナ州にオフィスを構えるほか、世界各地に4つの子会社があります:

ロンドンのON24 Limited;
シンガポールのON24 Pte Ltd
オーストラリアのON24 Australia Pty.Ltd.(オーストラリア);
および ON24 Japan GK があります。

グループは全世界で約650人を雇用しており、そのうち約80人が英国で雇用されている。

グループの2019年の世界年間売上高は8900万ドルを超えた。

当社には監査委員会と報酬委員会のある取締役会がある。監査委員会は、財務報告および開示プロセス、監査プロセス、ならびに事業の法令遵守を含む主要プロセスを監督する主な責任を有しています。報酬委員会は、最高経営責任者(CEO)およびその他の指名執行役員の報酬を検討・承認する主な責任を負っています。会社レベルでは、CEOのシャラット・シャラン、エグゼクティブ・チーム、マネジメント・チーム、個人貢献者がいます。

3.事業内容

ON24は、データリッチなデジタルエクスペリエンスを通じて、企業が収益と顧客エンゲージメントを促進する方法を変革することを使命としています。ON24のプラットフォームを活用し、マーケティング担当者は、ライブ、常時接続、パーソナライズされたウェビナー、コンテンツ、バーチャルイベント体験を創造・提供することで、リアルタイムでオーディエンスをエンゲージし、強力な購買シグナルを生み出し、パイプラインを加速させます。何十億分ものエンゲージメントを創出してきたON24は、企業がグローバル規模で見込み客や顧客をエンゲージするネットワークです。

4.サプライチェーンと採用

当社のサプライチェーンには、スウェーデンの請負業者や、補助的なサービスのために利用する人材紹介会社などがある。

現代の奴隷制や人身売買に関するリスクを軽減するため、ON24は、信頼できる人材紹介会社を利用して、当社での雇用機会のために候補者を特定し、調達しています。人材紹介会社はプロセスの一環として候補者を審査し、当社は全従業員のパスポートのコピーを取得します。

5.現代の奴隷制と人身売買に関する方針

当社は、当社のサプライチェーンや事業のいかなる部分においても、現代の奴隷制や人身売買が存在しないように努めています。この目的のため、また違法行為の報告を奨励するため、ON24はUKハンドブックに定める内部告発ポリシーを運用しています。このポリシーでは、一定の状況下において、不正行為や違法行為、または不正行為や違法行為の疑いを報告した場合、従業員はいかなる不利益や解雇からも保護されるとしています。

さらに、従業員が社内で苦情や懸念を提起し、解決されない場合は次のレベルにエスカレーションできる苦情処理手続きを導入している。

当社の英国ハンドブックには、当社の価値観に関して従業員が期待できることが記載されており、これは有用な参照ポイントとなります。

6.奴隷と人身売買に関するデュー・ディリジェンス・プロセス

当社は、人権侵害や強制労働のリスクが高い環境では直接事業を行いません。また、ON24は、季節労働者が現代奴隷制の犠牲者となる可能性があることを特定の産業において認識しており、当社の事業は、ピーク時や需要の増加期を管理するために季節労働者に依存していません。つまり、短期的に労働者を雇用しなければならないというプレッシャーがないため、従業員に対して適切なチェックとデューデリジェンスを実施する時間があります。

また、私たちはサプライチェーンにおける潜在的なリスクを特定し、評価するためのメカニズムも備えています。違法行為の報告を奨励するために、私たちは上記のような内部告発および苦情処理方針を運用しています。

サプライヤーが非倫理的な方法で行動している、または行動していたと疑われる理由がある場合、当社はそのサプライヤーとの商業的関係を打ち切る権利を留保します。

7.さらなるステップ

私たちのサプライチェーンに奴隷制や人身売買が存在しないことを保証するために私たちが講じた措置の有効性を検証した後、従業員や利害関係者が現代奴隷制に関する懸念など、懸念事項を提起するために私たちに連絡できる専用の電子メールアドレスを設置する予定です。

本ステートメントは、2015 年現代奴隷法第 54 条(1)に従い作成されたものであり、2019 年に終了する会計年度の当社の奴隷および人身取引に関するステートメントを構成するものです。これは2021年1月13日に取締役会によって承認され、本ステートメントに含まれる情報は同日現在のものです。

シャラット・シャラン

監督

株式会社オン24

日付:2021年1月22日